お知らせ
◆クラウドの脆弱性に潜む9つの脅威、対策は?(itmedia)(概要)
■クラウドサービスの悪用
同じプラットフォームやリソースに、攻撃者も同様にアクセスして利用できることの脅威。

■共有テクノロジーの脆弱性
インフラ、プラットフォーム、アプリケーションをテナント間や、場合によってはインフラの基礎を成すコンポーネントや他のプロバイダーと共有する事もある。
可能であれば、プロバイダーは多層防御型アプローチの導入を。これは全てのクラウドに共通する。

他にも「データ侵害」「データ損失」「アカウントまたはサービストラフィックのハッキング」「セキュリティ保護されていないインタフェースとAPI」「サービス拒否」「悪意を持った内部関係者」「不十分なデューデリジェンス」等。詳細については以下URLにてご覧ください。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1806/01/news06.html
(要:会員登録)
2018年6月1日
◆【情報セキュリティ監査人が選ぶ2018年情報セキュリティ十大トレンド】(nikkeibp)
【情報セキュリティ監査人が選ぶ2018年情報セキュリティ十大トレンド】

1.多様化・巧妙化する「ランサム(身代金)ウエア」の被害拡大

2.最新の対策をすり抜ける標的型攻撃による甚大な被害の発生

3.セキュリティ機能が乏しいIoT(インターネット・オブ・シングズ)製品への攻撃による社会的混乱

4.クラウドサービスなど、集中管理システムへの攻撃による社会的規模の被害発生

5.考慮不足の働き方改革に起因する事故の発生

6.日本語の「ビジネスメール詐欺」の被害拡大

7.ガバナンスが欠如したIT投資による重大インシデントの発生

8.成長しないマネジメントシステムによる組織活力の低下

9.形だけCSIRT(コンピュータ・セキュリティ・インシデント・レスポンス・チーム)/名ばかりセキュリティ人材による弊害の発生

10.欧州連合(EU)の「一般データ保護規則(GDPR)」違反の摘発

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00179/022300001/
2018年3月1日
◆「暗号化ファイルのパスワード別送」は無意味(bizcompass)
表題の件につきまして、Bizコンパスの記事から、原文のまま(一部)引用させていただきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
情報漏えい対策の1つとして、送付ファイルを暗号化して送付し、そのパスワードを別送するという手法がある。実際に導入している企業も多いはずだ。

パスワード別送に、意味はあるのか、ないのか。
結論を先に述べると、「全くと言っていいほど意味が無い」である。より厳密にいえば、「意味がある場合もある」が、実際のところは、意味が無い場合がほとんどだ。

パスワード別送は日本企業のローカルルールなので、日本企業と取引をしたことの無い欧米企業にパスワードを別送すると、ほぼ間違いなく不思議がられる。「なんで?」「意味あるの?」と。
〜〜
〜〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳しくは以下URLをご確認ください。↓
https://www.bizcompass.jp/original/re-tips-098-1.html
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1802/02/news008.html

また、最新のIPA「セキュリティ自己診断」では、別メールではなく別の方法(電話等)で送付する必要がある、と書き換えられております。↓
https://www.ipa.go.jp/files/000055848.pdf

上記URL内の「自己診断シートNo,8 「電子メールのルール」「重要情報を送信する時は保護する」に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
重要情報を電子メールで送る場合は、電子メールの本文に書き込まず、文書ファイルなどに記載してパスワードで保護した後、メールに添付します。
パスワードは電子メールには書き込まず、電話等の別の手段で通知することが必要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↑と記載されております。

以上、ご案内申し上げます。
2018年2月22日
【お知らせ】 アイテックジャパン 年末年始の休業日につきまして
お客様各位

平素は企業専用サーバ・クラウドサービスをご利用くださいまして大変ありがとうございます。

さて、誠に勝手ながら弊社の年末年始の休業日につきまして下記の通りご案内申し上げます。

■年末年始の休業日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2017年12月28日(木)〜2018年1月4日(木)まで※
■年始の通常業務は1月5日(水)9時より開始いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※休業日中もお客様サーバの監視および対応は続けておりますが、もし、お客様より緊急のご連絡がございました場合には弊社サイトhttps://itec.ad.jp/ の上部右端メニュー「緊急連絡」より必要事項をご記入の上ご送付ください。
ログイン情報は毎月お送りしております請求書の案内文に記載させていただいております。(緊急の電話番号:03-5537-5853)

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、本年中の御愛顧に心よりお礼申し上げますと共に、来年も引き続き弊社サービスをご利用くださいますようお願い申し上げます。

以上、ご案内申し上げます。

2017年12月1日
「プライバシーマーク制度貢献事業者」として表彰されました
2017年5月 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク制度貢献事業者」として表彰されましたのでお知らせいたします。

プライバシーマーク指定審査機関である一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)から、弊社が「プライバシーマーク制度貢献事業者」として表彰されました。

本表彰は、1998年のプライバシーマーク制度設立当初より、長年にわたりプライバシーマーク付与事業者として個人情報保護の維持・向上に努め、本制度の普及・推進に貢献してきた付与事業者に対し、その功績をたたえるものです。

弊社は、個人情報の適正な管理と活用に努め、個人情報に対する扱いを経営上の重要課題と位置付け、情報システムの安全性及び信頼性に万全を期して取り組みお客様の信頼に応えてまいります。
2017年5月31日
【2017謹賀新年】 新年のご挨拶および会社分割のご案内
お客様各位
株式会社アイテックジャパン 代表取締役 飯田幸彦です。
                   
新年あけましておめでとうございます。
御社におかれましては、素晴らしい新年をお迎えになられたことと、
お慶び申し上げます。
弊社でも、こうしておだやかに新年を迎えられましたのは、本年も
お客様のお陰と社員一同心から感謝いたしております。

さて、今年は新年のご挨拶を兼ねまして、会社分割関連のご案内を
差し上げることになりましたので、新年早々恐縮ですがご一読のほ
どよろしくお願い申し上げます。

実は、本年2月1日よりアイテックジャパンはホールディングス体制
(一部事業あり)に移行し、株式会社アイテックジャパンを事業会
社(100%子会社)として分割設立し現在のサーバ管理業務をその
まま承継することになりましたのでお知らせいたします。

今まで株式会社アイテックジャパンでは、サーバ管理関連業務と共
に教育システム関連業務(IT技術や試験支援関連業務を含む)を行
ってまいりました。

しかし、お客様からのご要望以上のご満足をいただくためには、サー
バ管理やセキュリティ関連も含めた対応をさらに強化出来ないかと
検討しておりました。

そこで、平成29年2月1日付にて株式会社アイテックジャパンを株
式会社アイテックジャパンホールディングスへ商号変更しホールディ
ング体制へ移行、従来のサーバ管理関連業務は株式会社アイテック
ジャパンを事業会社として分割設立し、より当該業務に力を入れて
ゆくことにいたしました。

今回の分割により、事業会社である株式会社アイテックジャパンで
は、企業専用の詳細なるサーバ・クラウド管理(含ネットワーク、
ドメイン)と、セキュリティ対応に特化し、当該業務に対し徹底的
に注力して行くことに致します。

具体的には、安定運用やセキュリティ関連もアプライアンス任せや
何かあってからの対応だけではなく、常にお客様の各サーバが問題
なく稼働できるよう可能な限り事前に事象を想定し管理し続ける、
いうなれば事前管理を強化した体制にしてゆきます。
これが「任せて安心」という弊社理念※をさらに追求できると考え
ての判断です。※理念はそのまま引き継がれます。

また、従来のサーバ関連部門の人員や担当者もそのまま引き継がれ
、社名も実印も変更はございませんが、代表取締役社長が私から
安達誠に交代となります。社を上げて万全の体制で臨むつもりでお
りますので、どうか今後のアイテックジャパンにご期待ください。

尚、株式会社アイテックジャパンホールディングスでは、ホールデ
ィングス業務以外にグループ全体の戦略立案とそれに伴った教育シ
ステム関連及びバックオフィス業務に力を入れてまいります。

分割後の両社の概要は以下となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ホールディングスの概要(分割会社)
会社名   株式会社アイテックジャパンホールディングス
設立年月日 1987年 10月31日
資本金   1,000万円
所在地   東京都港区東新橋1丁目10番1号
      東京ツインパークス L-701フロア
代表取締役社長 飯田 幸彦

■事業会社の概要(事業承継会社)
会社名   株式会社アイテックジャパン
(株式会社アイテックジャパンホールディングス100%出資)
設立年月日 2017年 2月1日
資本金   1,000万円
所在地   東京都港区東新橋1丁目10番1号
      東京ツインパークス L-701フロア
代表取締役会長 飯田 幸彦
代表取締役社長 安達 誠
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記に関しまして何か変更等が発生した場合には、早急にご案内を
差し上げますが、ご質問等がございましたら、弊社カスタマーサポ
ート(itec●itecjapan.ne.jp ●=@)宛へご連絡くださいますよう
お願い申し上げます。

最後になりますが、本年も御社にとって引き続き素晴らしい1年と
なりますよう、社員一同心からお祈りいたしまして新年のご挨拶及
び会社分割のご案内とさせていただきます。

株式会社アイテックジャパン 代表取締役 飯田幸彦
2017年1月1日
【お知らせ】 アイテックジャパン 年末年始の休業日につきまして
お客様各位

平素は企業専用サーバ・クラウドサービスをご利用くださいまして
大変ありがとうございます。

さて、誠に勝手ながら弊社の年末年始の休業日につきまして下記の
通りご案内申し上げます。

■年末年始の休業日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2016年12月28日(水)〜2017年1月3日(火)まで※
■年始の通常業務は1月4日(水)15時より開始いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※休業日中もお客様サーバの監視および対応は続けておりますが、
もし、お客様より緊急のご連絡がございました場合には弊社サイト
https://itec.ad.jp/ の上部右端メニュー「緊急連絡」より必要事
項をご記入の上ご送付ください。
ログイン情報は毎月お送りしております請求書の案内文に記載させ
ていただいております。(緊急の電話番号:03-5537-5853)

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、本年中の御愛顧に心より
お礼申し上げますと共に、来年も引き続き弊社サービスをご利用く
ださいますようお願い申し上げます。

以上、ご案内申し上げます。
2016年12月27日